お葬式を出す側におとずれる苦労とは

お葬式に参加するだけであればお香典を準備して喪服を着て出席するだけと言えますので、そこまで準備に苦労するものではありません。しかし、お葬式を出す側の立場になると当日を迎えるまでの準備作業は膨大となり、その苦労は多いと言われています。やはりお葬式を出すとなれば様々な決定をしていかないといけません。お葬式を出す側になるということは遺族になり、故人にとって最も近しい人間になるという意味ですから、お葬式の内容などをすべて決めなければならないのです。

このような準備作業が苦労になるという声は多くあります。無論、そこに苦労があるとわかれば、それを避けたいと考えるのが当然の心境と言えますが、お葬式は自分たちのためというよりも亡くなった故人や故人を慕ってくれた方々、生前にお世話になった方々にお礼を伝える場面でもあります。だからこそ、この苦労は故人の近親者としての最後の義務とも言われています。もちろん、お葬式にも様々な形があり、それによって苦労の度合いも異なります。

しかし、準備作業をしっかりとしておくことが、故人に対して感謝を示す行為にもつながりますので、この苦労だけはしておきたいものです。また、苦労が多いと言ってもお葬式の準備をすべて自分自身でしなければならないということではありません。お葬式の実作業に関しては葬儀業者がその役割を担ってくれます。そのため、遺族はそれぞれの要素の決断を下していくことになります。決めなければならないことはすべて葬儀業者の側から確認が入りますので、それに対して対応していくことになります。

つまり、苦労があるとは言ってもそこまで大きな負担ではありません。さらに葬儀業者に依頼することで、死亡届の提出といった作業まで代行してもらえるため、悲しみに暮れる中で体が動かないという状況の中、手厚いサポートとなります。そのため、葬儀業者を利用して自分自身の負担を少しでも減らすようにしましょう。その上でお葬式には万全の態勢で臨み、故人との最後の別れの時間を過ごすようにしましょう。